巨乳願望は海を越えて〜爆弾娘・日本襲来編

クリスさんの体験談はこちら 

「ハァ〜イ、ハニ〜! なんたらかんたら・・」
(管理人は早口の英語のヒアリングができません(´ー`))

手術室で海の向こうのダンナ様と話しているのは、前回わくゴー・アメリカ取材編でご紹介したクリスさん。
足を細くすることが自分への最後のプレゼントのはずだったのに、また次のプレゼントが速攻できてしまったらしく、太平洋をひとっとびして日本にやってきたのだ。

受話器をはなして管理人のほうを向き、
「私が日本での手術を不安に思ってるんじゃないかって、心配して電話してくれたんですよ」とにっこり。

ダンナ様は
「自分が心配」なのではなく、
「不安に思っているかもしれない妻が心配」で電話をしてきたのだそうな。

これぞ米国式・気配りのスーパーボール。 (ゴムのやつね)
10数時間の時差を超えて、縦横無尽に夫の気配りが飛び交っている。

受話器に濃厚なキスを連発して会話を終えたクリスさん、
「え〜? こういうのは日本では普通じゃないですか?」と不思議そう。

「ええとっても普通じゃないです(゚Д゚)
日本人の妻の多くはダンナに黙って手術を受けるので、いかにだまくらかすかに皆さん心血注いでいるんです」

「だって、一緒に生活して、一緒に寝てたらバレますよね?」

「ちっちっち。
全ての夫婦が君んとこみたいにラブラブなわけじゃありまっせん。
日本人妻には
『一緒の空間に生活していても触れあわない、床の間のツボのような人』がたーくさんいるんです。
床の間のツボだからこそ、いつの間にか目が二重になってようが、おっぱいがちょっと大きくなろうが、足が細くなってようがぜんぜん気づかれずにやり過ごせるものなんです。
毎日床の間のツボを手にとって、上から下までじっくり見る人はそうそういませんことよオホホホ 」

「えええええええっ!!
夫婦なのに、そんなのありですか? 気づかないなんて信じられない!」

目をまん丸に見開いて驚くアメリカ娘。

この島国では、あなたの国と違って

*ダンナと何でも話し合えるから、全て話して協力してもらう
*言えば理解してくれるだろうが、余計な心配をさせたくないから言わない。
*もともと奥さんに感心がないから、何もいう必要がない

の、2番目と3番目の比率が非常に高いのですよ(´ー`)

クリスさんの話は続く。

「アメリカでもバストのカウンセリングにいったんですけど、
『あまり大きくなりすぎないように、自然に』といったら、
『じゃあ350ccくらいのバッグを入れましょう』って言われたんですよ。
350っていったら、日本ではかなり巨大なおっぱいですよね〜 (笑)」

彼女から聞いたところによると、アメリカではバストへの脂肪注入を行うところが少ないとか。
いきなり巨大なおっぱいにしてしまうことが望まれるので、日本式の
「ちょっとだけ、周囲に気づかれない程度に自然に大きく」という施術が積極的に選ばれないらしいのだ。

「それで、日本で手術を受けることに決めました。
前回吸っていない太ももの後ろ側の脂肪で、バストを一周り大きく出来たらいいなあと思っています」

前回わくゴーで取材させていただいた手術シーンでは、太もも横のでっぱった部分を吸引しているが、太もも後ろには手をつけていないので、そこからの吸引+バストへの注入が可能なのだ。

扉が開いて相川先生登場。

「吸引したことのない、活きのいい脂肪を使って注入します。活きのいい脂肪のほうが、定着しやすいんです」

なるほどね〜

吸引された部分を避けてマーキングしながら相川先生
「前面はほとんどが筋肉ですので、裏面から行きましょう。日本の感覚だと、ここは吸引しますね〜」と解説中。

アメリカだと、太ももは太いほうがセクシーになるらしい。
それで、ドクターの目標とする仕上がりも異なる様子。

管理人
「アメリカでの生活のほうが長いクリスさんは知らないかもしれんけど、日本人はお尻が小さいのが好きなのよ。
♪このごろ流行の女の子は お尻の小さな女の子〜♪ってキューティ○ニーでも歌われてたし」

クリスさん
「お尻は大きいほうが可愛いじゃないですか?!
相川先生、太ももは細くお願いしますけど、お尻は小さくしないでくださいね〜」
と哀願している(笑)
事実アメリカでは、お尻のインプラントも盛んに行われているし、お尻パッド付のガードルもたくさん流通しているとか。


さらさらっとバストにもマーキングしながら相川先生
「アメリカ人は、勢いのいいおわん形のバストを好む人が多いです。
逆に日本人は、鎖骨からのラインがストレートで自然な仕上がりを望みます。
クリスさんは、どういう感じがいいですか?」と聞いている。

なるほど、バストの形もお国によって好まれる形が違うんですな。
*だからアメリカではバッグを使った豊胸が盛んなのか?

イラストにしてみると、こんな感じ?

バストは巨大に、お尻と太ももはセクシーに太くのアメリカ人。

バストは大きすぎず、お尻は小さく、太ももは細くの日本人。

日本人は体型も、あまり周囲にアピールしすぎないのを好むのかしらん。

硬膜外麻酔の準備。
まずは細い注射器で局所麻酔。
背中に硬膜外麻酔用のハリが入るときは一瞬眠る麻酔が入っていく。

瞬時に目を閉じるクリスさん。

夢の世界から戻ってきたクリスさんに
「天国のじいちゃん(注・まだご存命です)に会った?」と聞くと

「もう終わって新幹線に乗ってました! 
私って麻酔効きやすいですね。意外と繊細なのかしら?」

いや、まだ始まってないから(´ー`)
それに、君は繊細という言葉の意味を、長い海外生活で取り違えていないだろうかw

注入用の脂肪を集めるので、今回カニューレの出番はなし。

シリンジと呼ばれる大きな注射器のようなもので、活きのいい脂肪を集めていく。

 

側面は吸引を受けているので、そこを避けて脂肪を集める相川先生。

吸引できる位置は限られているし、 お尻は小さくできないしでなかなか大変そう。
手で平らにのばして、凹凸や取り残しがないかチェック中。
集めた脂肪をじっと見る。
さらに手にとってじっと見る。

十分に注入する脂肪が集まったところで吸引終了。

前回吸引を受けたキズ跡からの吸引だったので、キズをキレイにするため少し皮膚を切り取って縫合。

カニューレやシリンジで摩擦した皮膚は、キレイにくっつかないそうだ。

こちらはシリンジでの脂肪採取前。

(同じ位置からの画像がなかったので左右反転しています)

お尻の大きさを失わないままお尻の下のくびれを作って、太ももを細くしながら脂肪を集めた。

通常の吸引よりも、いくつものテクが必要な手術だ。

「器具はアメリカ製なんです。
ちょっとづつ注入ができるので、使いやすいです」

と相川先生。

太平洋を越えて、手術台の上で出会う二人。
(クリスさんと注入器具ねw)

まずは脇横から麻酔液を。
注入する器具に、すばやく吸い上げられて補充されていく脂肪。

どわん!!!!

ものの数分でこんもりと盛り上がっていくバスト。

陶芸家のように、力をこめてこねるこねる相川先生。

ベッドの上のクリスさんが左右にふよふよ揺れている。

目が覚めたらしく
「今何してるんですか〜?」
と聞いてくるが、痛みや触られているという感覚はないそうだ。

注入そのものはすぐに終了。

一息ついた相川先生がつぶやく。

「大阪院で、私が担当していた患者さんがいたんですよ。
その患者さん、一度加藤先生が担当したら、その日から目がハートになっちゃいましてね・・
以後、私のほうをまったく見てくれなくなりました(笑)」

\_/
加藤先生
  

   こんな感じでしょうか(笑)

全てのことは前向きに、優秀な後輩を育成できたということにしておきましょう♪

キズはこの程度。

あとで殆どわからなくなることだろう。

バスト・注入前

注入後。

麻酔液のふくらみも少しあるし、これから若干吸収されてしまうから、今日の大きさがMAX。

下から見ると箱根の双子山のようです(笑)

このあと、手術台から起き上がるときに自分のバストを初めて見たクリスさんが
「わっ!」と小さく悲鳴をあげてあわてて口を押さえるシーンを見てしまった。

ありゃ素でしたね(笑)

海のむこうのダンナさま、見てますか〜?

着替えが終わって、相川先生からプレゼントを受け取るクリスさん。

「ありがとうございます!
術後に、お花が一輪あるっていうだけで、気持ちがとても癒されますよね〜」

このあと、管理人と親子どんぶりを食べ、近くのホテルにチェックイン。
つかの間の日本滞在を楽しんできてくださいな。

クリスさんのコメント

バストはですね〜、大きいのに憧れていたといいますか、
とにかく下半身が太いので、それにあわせたサイズのバストがあればなあ、とはずっと思ってました〜。
全体的にバランスの取れた体に憧れてるんで、それに近づければなあ、と。

でも、日本に住んでる時は、特にバストのサイズを気にした事はなかったかも。^−^;
こっちに移ってから、ちょっとづつ気になり始め、在米が長くなるにつれて、そのちょっとが積み重なっていったのかな。
可愛い服やセクシー!と思ったドレスが、胸のあたりでペタンとなっちゃって、
着こなせなかったりして、ここがあればなあ〜と。。。 (+。+)
アジア人体系を前提に服が作られてないってものあるのかも知りませんが。

そんなわけで、
「どうせダウンタイムが続く今やっちゃえ」と。
アメリカ人さん達、太いのが好き、というより、あまり細すぎるのが魅力的に感じないみたい人が多いです。
雑誌とかみてても、ガリガリ細いより、筋肉がついてしまっていて、ある程度つくとこついてるのが魅力的みたいですね〜。


管理人のコメント

日本では○姉妹のように、胸元の開いたセクシーなドレスを着る機会があまりないです。
だから、ヌーブラやパッドでなんとかなってしまうんです。
しかし、アメリカでおめかし(死語ですかなw)の時に着るような服のデザインには大きなバストが似合うし、ゴージャスに見える。
そんなバランスの取れた体にあこがれる、というわけだったんですね。


「バストが大きくなったら、次はダイエット!」というクリスさん、何でも人には言えない大台に乗ってしまったのがショックの様子。

「でも、ダンナさんは愛してくれるんでしょ?」と意地悪く聞いてみると

「『腕で抱えられる大きさのうちは、君を愛し続けるよ、ハニー』っていってくれてるんです」とクリスさん。

そこで出番だ相川先生、ダンナの腕を長くする手術をっ!!
これぞ永久の愛(´ー`* ) 

・・・ダンナの腕が伸び続ける間は、愛は終わりませんな(笑)

クリスさんの体験談はこちら


 体験談インデックスへ