<るしぃさん 体験談>

みゅったらさんこんにちわぁ〜(≧∀≦)  画像はこちらです
早速、レポの送りつけです!!!!!
長いですが……最後までお付き合いよろしくお願いします。

■手術当日

撮影などにより手術時間が11時頃から1時半まで手術。
久々の硬膜麻酔。けっこうトリップ。相変わらず麻酔が効きにくいよう。

意識が飛び何かが入って来る感覚あり。若干アンダー周辺が痛い。
起こされて大きさ確認。
えぇ〜よぉわからんとです。

2.5カップupらしい…
「んん〜さよかぁ〜」
正面からしか見れないのでイマイチわからん。お任せ。

また意識が飛び手術終了。
サポーター(箱のパッケージみたら脚用のサポーターやった・笑)と包帯による圧迫。

リカバリールームで休むが……激痛!!
脂肪吸引による痛みとは全くの別物。(当たり前か)

息をするだけでも痛い。息をとめようか…笑
首や腕を少し動かすだけでも、谷間あたりに激痛が…
左脇も痛い。

体を起こした方が楽かも?と思い、起き上がるが…対して変わらず。
手術で鼻がつまり喉も痛いぐらい乾ききっている。

気持ち悪い。
ナースコールを押そうと思うが少し動かすだけでも激痛が走るため、ナースコールが押せない。

左上にあるナースコール……かなり…遠く感じる。
痛みに耐えながら時間をかけて少しずつ指をナースコールに近づける。

まずは、水をお願いした。
お水をもらい、術後直ぐの為一気に飲まないよう注意される。

口に含ます程度、ちょびちょび飲む。
一向に痛いみは治まらない。
次第に涙が出てきた…マジ痛い…声にならない痛み…

痛みに耐えられなくなり、再度ナースコールを……
痛みを訴え、点滴に痛み止めを足してくれた。
そのまま座った状態で寝る。

看護士さんが痛み止めの追加をしにやってきてくれた。
痛みも治まり、横になって寝る。ぐっすり眠れた。
痛み止めはその後も追加してくれた!! 感謝感謝。

目を覚まし看護士さんから、みゅったらさんが来ていると教えてもらいご対面。
かなり汚いワタクシ……

楽しく喋っているときに、手術が終わった母が戻って来た。
想像していた顔よりもマシや! 普通や!!

フェイスリフト後の顔は、パンストかぶって思いっきり引っ張って更にパンパンに腫れていると予想していたのに!!
普通や!!
ちょっとおもんないんちゃうん!!

3人で喋り、インタビューは後日になった。
その後、相川先生が、ゼリーとクッキーを持って来てくれた。
何時間ぶりの食料だぁ!!!!!!! と2人でガッツき、帰る準備をし帰路につく。

術後は右脇がかなり痛かったのに…今はなんともなく、逆に左が激しく痛い!
右は普通に手も腕も使えるが左は少し動かすだけで激痛ぅ。
そしてずっと痺れている。

左手の浮腫みも凄い!
心臓が動きつづけるから痛いのか!?

◎1人で寝たり起きたり出来ない。(母に手伝ってもらう)
◎割り箸が割れない。
◎凄い猫背。

次のページへ