<メールおよびお問い合わせについて>

管理人が相談に応じています姉妹サイトのわくゴーからお越しの方も多いと思うのですが、豊胸では「ドクターやクリニックとのつながりをより重視」していただきたく思いますので、現状ではご意見および体験談のみ受付けとさせていただきました。

脂肪吸引の場合ですと、手術後の異変はほとんどの場合「時間の経過と共に快癒」していきますから私も気軽に相談に応じておりましたが、”バッグを入れる”という性質を持つ豊胸では常に新しく良いものが生産されていますし、万一の事故による内容物の流出など、緊急時の処置を急がねばならないケースもあります。術後のケアの指導も、クリニックによって異なってきます。
「?」 と思ったらすぐにクリニックに電話をしたほうが、ずっと自分自身のためになるのです。


バストの仕上がりの形については他のページでご紹介しましたとおり、もともとのご自身のバストが大きくなることになります。
ですから、モニターさんの画像などを参考に「この写真と同じようにして」という要望には答えられないとお考えください。
(乳首の高さの違いなどは、左右のバッグの位置を変えることによってある程度可能です)

カップのサイズにつきましても、バスト本体の大きさと考えている方が多いのですが、カップとはアンダーとの差です。
アンダーが小さい方は、小さなバッグでもより大きなカップになる、ということになります。
乳腺や筋肉量が多い方も、バッグの挿入によっての変化が大きいのです。

<クリニック選びについて>
時間的・金銭的・精神的余裕を持ってお選びください。
良いクリニックとは、あなたの意見をじっくりと聞き、リスクについての質問もきちんと回答し、「絶対安全」「痛みは少ない」「仕事も翌日から普通にいける」などの患者さん軽視の発言をしません。
「とにかく巨大なバッグを入れて」など、術後の違和感につながりやすい要望にもきちんと「私としてはお勧めしません」と答えてくれるでしょう。

ドクターの腕前について聞かれることも多いのですが、クリニックに用意されている・あるいはWEBで見られるモニターさんの写真で良くわかりますね。

自身が厳選して施術を受けたクリニックには、あなたのカルテがあるのですし、不安や疑問にも早急に答えていただけるでしょう。
クリニック側との信頼関係が、痛みを軽くし、あなたの不安を和らげるのにもっとも良い処方薬です。
「思い通りのクリニックが見つからない」という状態では、今は無理に受ける時期ではない、と判断されると良いと思いますよ。

もどる