<術後のケアについて>

豊胸のアフターケアでもっとも重要なのが”拘縮”(コウシュク)です。
これは、脂肪吸引のあとにおこる硬いむくみとは違い、バッグがかちかちに固まってしまう状態なのです。豊胸後のトラブルとして最も多いものなのですが、逆から考えれえば、「これさえ起こさないように」気をつけていれば、術後のトラブルの大部分をカバーできることになります。

拘縮の起きる仕組み
体内に挿入されたバッグは、異物として認識されるため、たんぱく質が膜を張って覆い、無害化しようとします。

その過程で、バッグの上に一枚の板状となって膜が張られてしまうと、ごりごりと硬くなってしまうです。
拘縮を防ぐために開発されたテクスチャードタイプ(表面がざらざらしているもの)は、膜が張っても一枚の板状にはならないので硬くなりにくく、基本的にマッサージも不要です。
(注)体質により、テクスチャードタイプのバッグを挿入した方でも、硬めになってしまう場合があるので、術後検診で「硬くなりかけている」と判断されたら、クリニックでマッサージを指導されることになります。

表面がつるんとしたバッグでは術後のマッサージが必須かつきわめて重要なケアとなってきます。
痛くてもつらくても、エブリディマッサージ! 

体内に直接届く超音波で、効率よく内部までもほぐすことも可能です。
ただし、これも過ぎたるは及ばざるが如しのことわざどおり、受けすぎると乳腺やバッグの上の脂肪に悪影響を及ぼさないとも言い切れないので、様子をみながら慎重に行うことになります。

脇の下の傷については、体質的に盛り上がって硬くなってしまう方もいますが、これは後から修正が可能です。
また、乳腺下法でも筋肉に若干損傷を与えてしまうため、脇の下が十分伸び縮みするよう、腕をまわすなどのリハビリを行うと回復が早くなります。


なお、拘縮は体質的な要因によるものです。
拘縮が起きてしまった方は、バッグを取り替えてもふたたび拘縮となることが多いため、残念ですが抜去することを勧められます。

体験談にもありますが、術後まもなくは感覚の麻痺、あるいは逆の知覚過敏、患部の黄変、傷口のひきつれ、強いかゆみ、しびれ、リンパ液がたまってぶよぶよする、押すと空気の移動するような感覚がある、などの現象がみられます。
ごくまれに、感覚の戻らない方もいらっしゃるようですが、ほとんどの場合1年くらいまでに知覚が戻ってきます。
発疹が出る、あるいはかゆくてたまらないなど、ご自身で「?」と思われる症状がありましたら、すぐにご自身が手術を受けられたクリニックへ連絡を取ってください。

もどる